页面有问题?请点击打印板-》打印版                  [推荐此文给朋友]
[博讯主页]->[大众观点]
   

解龙将军:日本可以拆分为五个行省
(博讯北京时间2013年1月07日 来稿)
    
    作者:解龙将军
    

    在《中国可以购买日本列岛——国共两党助日为虐》一文里,解龙将军写到:
    
    想当初,义和团和八国联军祸害几个月,就让中国每人赔偿一两白银,四亿人口,一共赔偿四亿两白银。
    
    日本祸害中国十四年,就算每半年赔偿每个中国人一两白银,那就是每个中国人应得赔偿二十八两白银,二十八两乘以五亿人口,一共是一百四十亿两白银。
    
    按照现在的市价,每两白银三十美元,一百四十亿两白银价值四千两百亿美元。
    
    国共两党放弃了四千两百亿美元日本战争赔偿,就是助日为虐,助日为虐者,罪该万死。
    
    四千两百亿美元的战争赔款如果利滚利,到现在六十七年,所得金额应该可以购买日本列岛。
    
    日本属于中国,如果过去不是,现在也是的了。
    
    ……
    
    现在,解龙将军建议,收归中国之后的日本列岛,可以拆分为五个行省:
    
    1、四国省
    
    2、九州省
    
    3、关西省
    
    4、关东省
    
    5、北海省(北海道)
    
    这样划分不仅根据现实的地里,而且根据历史的沿革:
    
    那就是向中国朝贡的“倭五王”:
    
    倭五王是《晋书》、《宋书》等古代中国南朝史书中记载的倭国赞、珍、济、兴、武等五王。据记载,倭五王在413年至478年间,至少有九次遣使南朝,奉献贡品。王名则按中国习惯称呼,日本后来改用天皇称呼后又有了对应的天皇年号。赞相当于应神或仁德、履中天皇,珍(也称弥)相当于反正或仁德天皇,济相当于允恭天皇,兴相当于安康天皇,武相当于雄略天皇。他们朝贡的目的,是为了对抗当时正处在兴盛时期的高句丽,扩大日本在朝鲜半岛的势力范围。
    
    中国日本史料记载的倭五王
    
    公历 (公元后) 中国朝代
    夏历
    倭王 描述 出处413 东晋
    义熙九年 赞 ?
    倭国及西南夷铜头大师并献方物。
    ? 晋安帝时,有倭王赞。 ? 晋书?安帝纪
    ? 梁书?诸夷传
    421 南朝宋
    永初二年 赞 高祖永初二年,诏曰:「倭赞万里修贡,远诚宜甄,可赐除授。」 宋书?倭国传
    425 南朝宋 元嘉二年 赞 太祖元嘉二年,赞又遣司马曹达奉表献方物。 宋书?倭国传
    430 南朝宋 元嘉七年 赞? 是月,倭国王遣使献方物。 宋书?文帝纪
    438 南朝宋 元嘉 十五年 珍 ? 己巳,以倭国王珍为安东将军。
    ? 赞死,弟珍立,遣使贡献。自称使持节、都督倭百济新罗任那秦韩慕韩六国诸军事、安东大将军、倭国王。表求除正,诏除安东将军、倭国王。珍又求除正倭隋等十三人平西、征虏、冠军、辅国将军号,诏并听。 ? 宋书?文帝纪
    ? 宋书?倭国传
    443 南朝宋 元嘉二十年 济 二十年,倭国王济遣使奉献,复以为安东将军、倭国王。 宋书?倭国传
    451 南朝宋 元嘉二十八年 济 ? 秋七月甲辰,安东将军倭王倭济进号安东大将军。
    ? 二十八年,加使持节、都督倭新罗任那加罗秦韩慕韩六国诸军事,安东将军如故。并除所上二十三人军、郡。济死,世子兴遣使贡献。 ? 宋书?文帝纪
    ? 宋书?倭国传
    460 南朝宋 大明四年 济? 倭国遣使献方物。 宋书?孝武帝纪
    462 南朝宋 大明六年 兴 ? 壬寅,以倭国王世子兴为安东将军。
    ? 世祖大明六年,诏曰:「倭王世子兴,奕世载忠,作籓外海,禀化宁境,恭修贡职。新嗣边业,宜授爵号,可安东将军、倭国王。」
    ? (雄略天皇六年)夏四月,吴国遣使贡献。 ? 宋书?孝武帝纪
    ? 宋书?倭国传
    ? 日本书纪468 (雄略天皇)十二年夏四月丙子朔己卯,身狭村主青与桧隈民使博德,出使于吴。 日本书纪
    470 (雄略天皇)十四年春正月丙寅朔戊寅,身狭村主青等共吴国使,将吴所献手末才伎,汉织、吴织及衣缝兄媛、弟媛等,泊于住吉津。 日本书纪
    477 南朝宋 升明元年 兴及武 冬十一月己酉,倭国遣使献方物。
    兴死,弟武立,自称使持节、都督倭百济新罗任那加罗秦韩慕韩七国诸军事、安东大将军、倭国王。 宋书?顺帝纪和倭国传
    478 南朝宋 升明二年 武 五月戊午,倭国王武遣使献方物,以武为安东大将军。
    诏除武使持节、都督倭新罗任那加罗秦韩慕韩六国诸军事、安东大将军、倭王。 宋书?顺帝纪和倭国传
    479 南朝齐
    建元元年 武 建元元年,进新除使持节、都督倭、新罗、任那、加罗、秦韩、慕韩六国诸军事、安东大将军、倭王武号为镇东大将军。 南齐书?倭国传
    502 南朝梁
    天监元年 武 镇东大将军倭王武进号征东大将军。 梁书?武帝纪
    《梁书?诸夷传》云:赞死,立弟弥;弥死,立子济;济死,立子兴;兴死,立弟武。
    
    “倭五王”并非中国方面的片面记载,也是日本方面所承认的历史事实:
    
    倭の五王
    
    ウィキソースに宋書倭国伝の原文があります。
    
    
    倭の五王(わのごおう)とは、5世紀に、南朝の東晋や宋に朝貢して「倭国王」などに冊封された倭国の五人の王、すなわち讃、珍、済、興、武をいう。
    
    朝貢の主な目的は、いずれも朝鮮半島での倭国の軍事行動権や経済的利益の国際的承認にあったとされる[1]
    
    目次
     [非表示] 1 年表
     2 天皇と倭の五王 2.1 比定説
     2.2 『記紀』年次との対応関係
    
    3 脚注
     4 関連項目
     5 外部リンク
    
    年表
    
    413年 - 478年の間に少なくとも9回は朝貢している。それを年表にすると次のようになる。
    
    倭の五王、外交年表
    
    
    西暦
    
    中国王朝
    
    中国元号
    
    倭王
    
    用件
    
    
    
    413年
    
    東晋
    
    義熙9
    
    讃
    
    東晋?安帝に貢物を献ずる。(『晋書』安帝紀、『太平御覧』)[2]
    
    
    
    421年
    
    宋
    
    永初2
    
    讃
    
    宋に朝献し、武帝から除綬の詔をうける。おそらく安東将軍倭国王。(『宋書』倭国伝)
    
    
    
    425年
    
    宋
    
    元嘉2
    
    讃
    
    司馬の曹達を遣わし、宋の文帝に貢物を献ずる。(『宋書』倭国伝)
    
    
    
    430年
    
    宋
    
    元嘉7
    
    讃?
    
    1月、宋に使いを遣わし、貢物を献ずる。(『宋書』文帝紀)
    
    
    
    438年
    
    宋
    
    元嘉15
    
    珍
    
    これより先(後の意味以下同)、倭王讃没し、弟珍立つ。この年、宋に朝献し、自ら「使持節都督倭?百済?新羅?任那?秦韓?慕韓六国諸軍事安東大将軍倭国王」と称し、正式の任命を求める。(『宋書』倭国伝)
     4月、宋文帝、珍を安東将軍倭国王とする。(『宋書』文帝紀)
     珍はまた、倭隋ら13人を平西?征虜?冠軍?輔国将軍にされんことを求め、許される。(『宋書』倭国伝)
    
    
    
    443年
    
    宋
    
    元嘉20
    
    済
    
    宋?文帝に朝献して、安東将軍倭国王とされる。(『宋書』倭国伝)
    
    
    
    451年
    
    宋
    
    元嘉28
    
    済
    
    宋朝?文帝から「使持節都督倭?新羅?任那?加羅?秦韓?慕韓六国諸軍事」を加号される。安東将軍はもとのまま。(『宋書』倭国伝)
     7月、安東大将軍に進号する。(『宋書』文帝紀)
     また、上った23人は、宋朝から軍?郡に関する称号を与えられる。(『宋書』倭国伝)
    
    
    
    460年
    
    宋
    
    大明4
    
    済?
    
    12月、孝武帝へ遣使して貢物を献ずる。
    
    
    
    462年
    
    宋
    
    大明6
    
    興
    
    3月、宋?孝武帝、済の世子の興を安東将軍倭国王とする。(『宋書』孝武帝紀、倭国伝)
    
    
    
    477年
    
    宋
    
    昇明1
    
    興(武)
    
    11月、遣使して貢物を献ずる。(『宋書』順帝紀)
     これより先、興没し、弟の武立つ。武は自ら「使持節都督倭?百済?新羅?任那?加羅?秦韓?慕韓七国諸軍事安東大将軍倭国王」と称する。(『宋書』倭国伝)
    
    
    
    478年
    
    宋
    
    昇明2
    
    武
    
    上表して、自ら開府儀同三司と称し、叙正を求める。順帝、武を「使持節都督倭?新羅?任那?加羅?秦韓?慕韓六国諸軍事安東大将軍倭王」とする。(『宋書』順帝紀、倭国伝)(「武」と明記したもので初めて)
    
    
    
    479年
    
    南斉
    
    建元1
    
    武
    
    南斉の高帝、王朝樹立に伴い、倭王の武を鎮東大将軍(征東将軍)に進号。(『南斉書』倭国伝)
    
    
    
    502年
    
    梁
    
    天監1
    
    武
    
    4月、梁の武帝、王朝樹立に伴い、倭王武を征東大将軍に進号する。(『梁書』武帝紀)[3]
    
    
    天皇と倭の五王 [編集]
    
    比定説 [編集]
    
    『日本書紀』などの天皇系譜から「讃」→履中天皇、「珍」→反正天皇、「済」→允恭天皇、「興」→安康天皇、「武」→雄略天皇等の説がある。このうち「済」、「興」、「武」については研究者間でほぼ一致を見ているが、「讃」と「珍」については「宋書」と「記紀」の伝承に食い違いがあるため未確定である。他の有力な説として、「讃」が仁徳天皇で「珍」を反正天皇とする説や、「讃」は応神天皇で「珍」を仁徳天皇とする説などがある。「武」は、鉄剣?鉄刀銘文(稲荷山古墳鉄剣銘文 獲加多支鹵大王と江田船山古墳の鉄剣の銘文獲□□□鹵大王)の王名が雄略天皇に比定され、和風諡号(『日本書紀』大泊瀬幼武命、『古事記』大長谷若建命?大長谷王)とも共通する実名の一部「タケル」に当てた漢字であることが明らかであるとする説から、他の王もそうであるとして、「讃」を応神天皇の実名ホムタワケ[4]の「ホム」から、「珍」を反正天皇の実名ミヅハワケ[5]の「ミヅ」から、「済」を允恭天皇の実名ヲアサヅマワクゴノスクネ[6]の「ツ」から、「興」を安康天皇の実名アナホ[7]の「アナ」を感嘆の意味にとらえたものから来ている、という説もある。しかしながらいずれも決め手となるようなものはなく、倭の五王の正体については今のところ不確定である。
    
    一方、「倭の五王」の遣使の記録が『古事記』『日本書紀』に見られない[8]ことや、ヤマト王権の大王が、「倭の五王」のような讃、珍、済、興、武など一字の中国風の名を名乗ったという記録は存在しないため、「倭の五王」は近畿主体のヤマト王権の大王ではないとする説も江戸時代からある[9]。 使いを遣わして貢物を献じた目的として、中国大陸の文明?文化を摂取すると共に、南朝の威光を借りることによって、当時の日本列島中西部の他の諸勢力、朝鮮半島諸国との政治外交を進めるものがあったと考えられる[10]。
    
    『記紀』年次との対応関係 [編集]
    
    『古事記』に年次の記述は無いが、文注として一部天皇の没年干支を記す。この没年干支を手がかりに、倭の五王を比定する説がある。『古事記』は天皇の没年を次のように記す。
     十五代応神、甲午(394年)
     十六代仁徳、丁卯(427年)
     十七代履中、壬申(432年)
     十八代反正、丁丑(437年)
     十九代允恭、甲午(454年)
     二十一代雄略、己巳(489年)
     二十六代継体、丁未(527年)
    
    『古事記』の没年干支を正しいとすれば讃=仁徳、珍=反正、済=允恭、興=安康、武=雄略となる。しかし一ヶ所、『宋書』の記述と矛盾する。それは『宋書』倭国伝の次の記述である。
    
    
    「讃死弟珍立遣使貢献」
     元嘉十三年(436)讃死して弟珍立つ。遣使貢献す。(『宋書』倭国伝)
    
    すなわち珍を讃の弟とする記述である。
    
    『古事記』が437年に没したとする反正は、『記紀』によるかぎり仁徳とは親子関係である。讃を仁徳、珍を反正とすると、『宋書』倭国伝が、珍を讃の弟とする記述と矛盾する。反正は履中の弟である。この一点を除けば、『古事記』の天皇没年干支から倭の五王が推測できるとも考えられる。
    
    一方『日本書紀』の年次では、413年から479年の間の天皇は、允恭?安康?雄略の3名である。中国史書の5名との対応がとれない。また、421年の讃、436年の珍、443年の済という三人の遣使に対し、『日本書紀』のこの期間に該当する天皇は、412年から453年まで在位したとする允恭1人である。『日本書紀』の年次とは矛盾点が多く、対応関係がとれない。
    
    しかし、そもそも『古事記』、『日本書紀』とも倭の五王の遣使に明確に対応する記事はない。また、記紀の史料批判により、継体天皇以前の編年は到底正しいとは言えず、このころの王家内部では文字による記録が常時取られていたとは考えがたいことから、記紀に伝えられた干支や系譜を元に倭の五王を推定するという試み自体をあまり意味がないとする意見もある。倭国の実態や、倭王とヤマト王権の関係自体も、現時点の学会等で明確化されているとは言い難い。
    
    脚注
     1.^ 平林章仁『神々と肉食の古代史』吉川弘文館、2007年,44頁
     2.^ 倭の五王かどうかは不明。ただし、『梁書』諸夷伝には「晋の安帝の時、倭王讃有り」という記述がある。
     3.^ 鎮東大将軍→征東将軍では進号にならないため、征東大将軍の誤りとされる
     4.^ 和風諡号『古事記』品陀和氣命、『日本書紀』譽田天皇。『日本書紀』一伝に笥飯大神と交換して得た名である譽田別天皇、『播磨国風土記』品太天皇、『上宮記』逸文凡牟都和希王
     5.^ 和風諡号『日本書紀』多遅比瑞歯別尊、『古事記』水歯別命
     6.^ 和風諡号『日本書紀』雄朝津間稚子宿禰尊、『古事記』男淺津間若子宿禰王
     7.^ 和風諡号『日本書紀』穴穂天皇。穴穂皇子
     8.^ 『日本書紀』の雄略天皇紀五年条「呉国遣使貢献」、八年二月条「遣身狭村主青檜隈民使博徳使於呉国」十年九月条「身狭村主青等将呉所献二鵝」などに見られる「呉国」を南朝の諸国家と見る意見がある。
     9.^ 本居宣長『馭戎概言』、鶴峯戊申『襲国偽僣考』、近藤芳樹『征韓起源』、古田武彦『九州王朝説』他)。
     10.^ なお、倭の五王と南朝との交流が、東晋の南燕征服による山東半島領有(410年)以後、北魏の南進が本格化する470年代にかけての時期に集中しているのは、山東半島の南朝支配によって倭及び三韓からの南朝への航海に対する安全性が増す一方で、東晋の東方諸国に対する政治的?軍事的圧力を無視できなくなったからである、という見解を大庭脩や川本芳昭は取っている。
    
    関連項目
    
    河内王朝
     禰(でい)
     古墳時代
     ヤマト王権
     治天下大王
     九州王朝説
     王朝交替説
     倭?倭人関連の中国文献
     三韓征伐
    
    外部リンク
    
     倭の五王と古代王権の系譜学――天皇の系譜と物語について――
    
    カテゴリ: 古墳時代の人物
    魏晋南北朝時代の人物
    倭人伝
    日本の天皇
    
    ……
    
    古有倭五王,今有日本省,五马分尸,古今辉映,东亚和平可以期待。
    
    日本拆分为五个行省,甚好也:分属五个行政首脑,夷平“皇居”这个鸟巢,消灭那个冒牌的“天皇”,战争赔款才能落实,东亚和平才能实现。 [博讯来稿] (博讯 boxun.com)
(本文只代表作者或者发稿团体的观点、立场)
38191900509
分享:
blog comments powered by Disqus
   
相关报道(更多请利用搜索功能):
·解龙将军:中国可以购买日本列岛——国共两党助日为虐
·解龙将军:黄赌毒战略攻陷日本列岛
·解龙将军:美国新闻界开始抽筋了
·解龙将军:白种人是黑人的亲兄弟
·解龙将军:由步枪协会出钱保护学校
·解龙将军:大江健三郎就是石原慎太郎——日本人核爆纪念的阴险目的
·解龙将军:澳大利亚流氓多是英国流放犯的后代
·解龙将军:日本和韩国真有太子党吗?
·解龙将军:吴振伟破坏亚裔参政机会
·解龙将军:反对死刑的人请付“免除死刑税”
·解龙将军:“毛泽东管斯大林叫父亲”考
·解龙将军:中华人民共和国创造现代奴隶制
·解龙将军:台湾人想吃中国大陆的人血馒头
·解龙将军:美国的言论自由也需要保卫
·解龙将军:汉朝武士胜过斯巴达勇士
·解龙将军:中国将成为现代文明的最后保留地
·解龙将军:习近平与“儿主席”
·解龙将军:以色列从纳粹德国学会了什么
·解龙将军:欧洲人开门欢迎黄祸要小心了
·解龙将军:忽必烈及其继承人毛泽东是盗墓的先锋队
·解龙将军论中国军事革命
·2009年纪念王炳章博士被捕七周年/解龙将军
联系我们


All rights reserved
博讯是畅所欲言的场所、所有文章均不一定代表博讯立场
声明:博讯由编辑、义务留学生、学者维护,如有版权问题,请联系我们。另外,欢迎其他媒体 转载博讯文章,为尊重作者的辛勤劳动以及所承担风险,尊重博讯广大义务人士的奉献,请转载时注明来源和作者。